神奈川工科大学で行われている学園祭、「幾徳祭」について紹介します

幾徳祭テーマ・ポスター

今年度のテーマは光祭に決まりました!

幾徳祭の紹介

幾徳祭とは、神奈川工科大学で行われる学園祭の名称です。

幾徳祭では毎年、多数のイベントを行っています。

学内は様々な模擬店があり、各団体・研究室が今までの成果や研究の発表・展示を行っています。

また毎年恒例で、ステージイベント・スタンプラリー・コンサートが行われています。

幾徳祭は、本学生や地域の方々との交流の場としても親しまれています。

学園祭実行委員会の紹介

学園祭実行委員会は幾徳祭を運営する委員会です。以下の5つの局に分かれています。

会計局
委員会の各仕事に関わる資金を管理する、とても重要な仕事をしています。
お金を扱うので、繰り返し確認しながら仕事をしています。
設備局
学内の備品の貸し出しやレンタル品の申請など、学園を運営する上では欠かせない局です。
この局に支えられ、学園祭は迅速かつ円滑に運営され、成り立っています。
広報局
パンフレット・ポスター・装飾などの製作を主な仕事としています。
その他、外部企業への協賛の申込みもこの局が主に行っています。
企画局
幾徳祭で行われるイベントの企画、運営をしています。
人前に立つことが多く、確かな達成感が得られます。
コンサート局
コンサートの運営、チケット販売、ケータリングなどをしています。
コンサートの内容に影響する仕事なので、責任を持って取り組んでいます。